未分類

中古住宅プチルームツアー(リビング編)

今日は、ちょっとだけルームツアー(?)をしてみようと思います。

ご紹介するのは10畳のリビングです。

3人掛けのソファとテーブル、テレビ、観葉植物、以上です(笑)

ドアの向こうは、寝室として使っている6畳弱の部屋があります。

f:id:chukojutakulife:20190408202743j:plain

ちなみにリフォーム前は、こんな感じでした。

f:id:chukojutakulife:20190408202644j:plain

工事中の写真しかなくて、すみません。

(この写真しかありませんでした)

そして、同じ角度からの写真じゃなくてすみません。

1枚目の写真だと、壁の所にソファがある場所になります。

(撮り直したら、またアップします)

The 昭和!っていう感じでしょ?

照明とか、天井の柄とか、窓の大きさとか。

(今は耐震の関係上、こんなに大きい窓の取り方はしませんものね)

リフォームのお値段は

8畳、10畳、6畳の部屋(プラスちょこっとした所)の

天井と壁の張替えで30万弱くらいでした。

リフォームは、ちょこっとやるだけでも10万~30万は覚悟ですね。

自分でやれば材料費だけで済みますが、そうもいかないところもあります。

壁紙は、古い壁紙を剝がす→パテ処理→新しい壁紙を張る

という感じの行程なのですが、パテがすごく難しいんです。

きれいにパテをしないと壁紙を張ったときに、凹凸が出てしまうので。

だから凹凸がなるべく出来ないようにパテをして

乾いたらチェックして凸があれば、やすりで擦って

凹凸がないようにしなければなりません。

壁紙を張る前段階が、すごく手間がかかるんですよね。

自分でやってみると、業者さんにお支払いする金額の意味がわかるというか…

こんな大変な作業をして下さって、こんなにキレイに仕上げて下さって

本当にありがとうございます、と心から感謝です。

こういう記事は参考になるかわからないのですが

どなたかのお役に立てれば幸いです。

本日もお読み下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村