未分類

【中古住宅】リノベーションによる間取り変更は可能なのか?

中古住宅を購入して、リノベーションしたい!

ここの壁を取っ払って、ワンルームにしたい!

とか考えるとワクワクしますよね。

私も考えましたよ。

リビングと寝室の壁を取っ払って、ワンルームにしたい!とか。

それは購入後に思ったことなのですが。

お恥ずかしい話ですが、購入前は「家欲しい!」だけの人でしたので…

ところが、リビングの南側は、全部、掃き出し窓なんですよ。

というか、隣の部屋の寝室も南側は掃き出しの窓なんですよね。

ということは、リビングと寝室を仕切っている壁には

筋交いが入っている可能性が高い。

ということは、構造上ワンルームは無理ですね。

うちは図面なしでしたからね。

筋交いが入っているかを確認するには、天井裏に入って確認するしかないのですが

これだけ南側に開口部分があるということは

おそらく筋交いが入っていると思います。

(すみません。確認してませんので憶測発言です…)

リノベーションとか、本当にワクワクするのですが

購入前に自分がしたい間取り等、構造上、希望が叶うのか

予算的にはどれくらいかかるのかなど、きちんと確認した方が良いと思います。

(購入前に、ですよ!)

私の場合は独身ですので、間取りの変更等ができなくても支障はないのですが

ご家族がある方ですと、希望する要件とか絶対に譲れない条件も出てくると思いますし

お子様の成長などライフスタイルの変化もありますので

妥協できるところと、できないところは、明確にしておいた方が良いと思います。

中古住宅の良いところは、購入価格が安いことと

リノベーションを楽しめることだと思います。

購入価格を抑えて、浮いた費用で自分の家を作れるのは楽しいことですし

自分でペンキを塗ったり、手をかけた分だけ家に愛着も湧きます。

購入後に予定外の出費は抑えるためにも

最初の手間を惜しまないようにして下さい。

あとは冷静沈着さが大切ですので、暴走しそうになったら

「いやいや、ちょっと待て」と一旦ブレーキをかけて考えてくださいね。

(私はそれが出来なかったので…)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村