未分類

手付金の目安を調べてみた

住宅購入の際、「手付金」という言葉を聞かれることがあると思います。
私は手付金なしで購入したのですが、一般的に手付金ってどれくらい払うのか
気になったので調べてみました。

手付金とは、買主から売主に支払われるものです。
では、どれくらいを支払うのが一般的かというと
売買代金の10%くらいが目安のようですね。

なぜ手付金を支払うかというと、売主と買主の信頼関係を構築するため
と言われています。

では買主が手付金を支払ったあとに、
「やっぱり購入するのは止めた!」となった場合
手付金はどうなるのでしょうか?
答えは
「契約を結んでいたとしても、手付金を放棄すれば契約をやめることができる」
です。
例えば手付金100万円を支払っていた場合
100万円を放棄すれば契約は白紙に戻ります。

売主の場合はどうでしょうか?
契約を結んだあと、「あなたの物件を、より高額で買いたいです!」
という買主が現れた場合
初めの買主に手付金の全額を返金し、さらに手付金と同額をペナルティとして
支払えば、どんな理由でも、いつでも契約を止めることができます。
例えば手付金100万円だったとしたら
手付金100万円+ペナルティ100万円で200万円!

手付金の額が少ない場合のメリットは、
売り主・買い主ともに契約をキャンセルしやすくなる
デメリットは
売主の都合でキャンセルされる可能性が高くなる
です。

これから契約する、という方は
売買契約書には必ず「手付解除」という項目がありますので
確認してみてくださいね。

私の知りあいで手付金を支払った後、他に気に入った物件と出会って
手付金を放棄した方がおります。
この方の場合、最初に気に入った物件があったのですが
その物件は購入できなかったようです。
でもその時の不動産屋さんが申し訳なく思っていたようで
売りに出た物件をすぐに知人に案内してくれたようです。
一番手!
手付金をどれくらい支払ったのかは知らないのですが
それを放棄してもいい!と思える物件に出会えたのはラッキーですよね。

とはいえ、手付金を放棄するのは、なかなか勇気がいります…
中古住宅の場合、慎重に気長にやるのがいいのかな?
焦ってへんな物件を買うのも避けたいですが、
慎重すぎて誰かに取られちゃった!という話も聞いたりするので
難しいところですが、圧倒的に「焦って買う」方が後悔しそうな気がします。
私が「焦って買った」人なので…
個人的な意見にはなりますが
慎重にしすぎて、誰かに取られてしまったとしても
「縁のものだしなぁ」って潔く諦められるような気がします。

皆様が良い不動産屋さんと良い物件に出会えますように。

本日もお読み下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
tamago
中古住宅の購入やメンテナンス、日々の生活を綴っています。