戸建て中古住宅

「建築確認済証」「建築確認通知書」のお話

違反建築物を購入しないためにチェックできることについて
先日から書いていますが、今日も引き続き書かせていただきます。
金融機関からの融資に関係するようですので、知っておいた方が良いかと思います。

先日、「建築確認済証」「建築確認通知書」を取得して確認をしましょう

というお話をしましたが

これがない場合どうするか…

「建築確認台帳記載証明書」

「建築計画概要書」

と呼ばれる書類を行政で閲覧、または発行してもらうことができるようです。

(建築審査課 ○○県(または△△市)などで検索すれば、ヒットすると思います)

「建築確認台帳記載証明書」について

建築確認台帳には、建築物の構造や用途等に加えて、

確認済証や検査済証の交付年月日が記載されており

これらの記載事項が証明されることによって

当該建築物が完了検査を受けていることを金融機関等が確認することが出来ます。

各地方公共断端の独自制度のため、すべての市町村等に制度が存在するわけではなく、

また制度が存在する場合も、制度の内容に違いがあるようです。

名称も「建築確認台帳」のほか、「建築物台帳」や「確認台帳」などの

名称があります。

制度を創設できるのは、建築確認台帳がある地方公共団体に限られており

建築確認台帳は、特定行政となる地方公共団体に備え置かれています。

(建築計画概要書も同じです)

「建築確認台帳記載証明書」の取得方法は

物件が立地する地域を所管する特定行政庁に問い合わせをします。

「建築確認台帳記載事項証明」の制度があるかどうかを確認します。

制度がある場合には、証明書交付の申請方法について確認します。

確認する内容は

申請権者

申請窓口

申請時間

発行手数料

申請書の書式

事前に準備する情報等 です。

申請権者は、物件の所有者本人とされていることが多く

その場合、代理人が申請するときは委任状を求められるのが一般的です。

委任状の書式についても、問い合わせ時に確認が必要です。

申請時には、申請理由と証明書提出先の記載欄があるのが一般的です。

申請理由は「中古住宅適合証明」

提出先は「適合証明機関」

となりますが、より具体的な記入を求められることもあるようです。

注意点としては

①当該市区町村が特定行政庁であっても、すべての物件の建築確認台帳があるとは

限らない。

②物件の規模や構造等によっては、都道府県の書簡になる場合がある。

③特定行政庁となる以前に建築された物件については、都道府県から

引き継がれていない場合がある。

④建築時期等の条件によっては、台帳そのものが存在しない場合もある。

⑤台帳記載事項証明の制度があったとしても

建築確認台帳に記載されたすべての物件に対して証明が受けられるとは限らない。

⑥民間の指定確認検査機関が建築確認等を行った物件については

証明できない制度となっている。

⑦建築確認台帳の記載事項は、建築当時のままのもので

物件の所有者や地名等が現在のものと違っていることがある。

⑧物件に関する情報が少ないために、物件の特定が出来ず

台帳に記載されているかどうか分からないことがある。

「建築計画概要書」について

閲覧場所は、特定行政庁になっている市区町村または都道府県ですが

都道府県の場合は、土木事務所等の出先機関の場合もあるようです。

物件が立地する地域を所管する特定行政庁に問い合わせて、確認をしてください。

注意点としては

①閲覧の申請時には、物件の特定に時間を要することがあり

またほかの申請者がいる場合には、長い待ち時間が発生することがある。

②地番等の物件情報の十分な準備と時間が必要となる。

「建築計画概要書」の閲覧は、所有者に限らず誰でも出来ます。

(昭和46年以降のものが閲覧可能です)

余談ですが「検査済証」や「確認済証(確認通知書)」がなくなった場合

その再発行は受けられません。

近年、金融機関が住宅ローンの条件として、

融資対象物件が完了検査を受けていることを

求められることが多くなっているようです。

(検査済証の再発行のないことが、中古住宅の流通を妨げる要因の

一つとなっているようでもありますが)

最近では、一部の地方公共団体において、検査済証を再発行する代わりに

当該建築物が「建築確認台帳」に記載されていることを証明する書類を交付する

制度を設けるようになっています。

私はこのようなことは知らなかったので取得しませんでしたが

知っていれば取得していました。

(銀行の融資も受けていないので、余計に無頓着だったのかもしれません)

不動産は簡単ではありませんし、素人では分からないことも多いです。

だからと言って不動産屋さん任せにしてはいけないと思います。

勉強するということは本当に大切なことです。(身をもって知った私)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ